神戸市北区北鈴蘭台駅前の内科・小児科・外科 こさか家庭医療クリニックです。

文字サイズ標準大アクセスマップ
御予約・お問い合わせは 078-591-8070
院長ブログ

院長ブログ 一覧

第7回ほがらかトーククラブ開催〜私たちが作る安心して認知症になれる地域とは?〜

2018/03/03

IMG_06172月8日に『桜ノ宮ほがらかトーククラブ』を桜ノ宮地域福祉センターで開催しました。

前半はあんしんすこやかセンターの職員さんに認知症と公共のサポートについてのお話。

その後、60分は「私たちが作る安心して認知症になれる地域とは?」という問いでワールドカフェをしてもらいました。

普段から地域住民同士が声を掛け合って、安心して認知症になれる地域にしていくというご意見が多かったです。

みなさんとても楽しく、学びの多い時間を過ごされたようでした。

平成30年6月にクリニックが移転します

2018/03/03

当院は平成30年6月初旬を目標に移転の準備をしております。

父の小坂医院のころから現在の場所で地域の皆様からご愛顧いただき40年以上が経過します。建物の耐震設計基準が現在の基準と適合しないため、取り壊しが決まり、移転の運びとなりました。

新しいクリニックには患者さん用駐車場3台
バリアフリー
授乳室、キッズスペース
観察室、隔離室
を設置予定です。

より快適に、より信頼され、より安心と癒しを提供できるクリニックに生まれ変わります。

新しい場所は桜ノ宮小学校の西隣。神鉄北鈴蘭台駅から徒歩3分です。完成が近づきましたら、再度お知らせいたします。

長引く鼻水、鼻づまり?ガイドラインでも勧められる鼻うがいって?

2018/01/06

インフルエンザが流行し始めていますが、皆様、お体は大丈夫でしょうか?

今回は少し早いのですが、3月、4月に多い、花粉症つまり慢性鼻炎(慢性副鼻腔炎を含む)についてお話したいと思います。

これを読まれている方の中には鼻水、鼻づまりが長引いている方もいらっしゃると思います。あまりに長いともう治らないのではないかと不安になったりもしますよね。で、対策や治療法はないのか。

まずはどう診断するのかですが、診断基準にはっきりしたものはありません。普通のかぜ(急性上気道炎)でも治るのに通常2〜3週間はかかるとされているので、それ以上長引く、鼻水や膿性鼻汁(いわゆる、あおっぱな)、鼻づまり、顔の痛みやにおいがしづらいなどの症状があり、医師が診察して粘膜がむくんでいる所見(副鼻腔炎ではCTまたは内視鏡で副鼻腔の所見)があると慢性鼻炎・副鼻腔炎と言ってよいでしょう。

原因はアレルギー性と非アレルギー性と二つの混合型があります。感染の可能性はかなり低いです。つまり、抗菌薬を処方されても効果がないとされています。

この慢性副鼻腔炎や慢性鼻炎と診断されて、時々、抗菌薬(特にマクロライド系薬;代表としてクラリスロマイシン)を長期間処方されている方がいらっしゃいます。それは何か理由があると考えられます。

しかし、事実としては慢性鼻炎・慢性副鼻腔炎に対するこうした治療は副作用の方が有益性を上回るとされています。簡単に言うと害のほうが大きいということです。

えー!!じゃあ、今までの治療はなんだったの?そりゃ治らんわと思われたかもしれません。鼻づまりで普段の生活ももやもやしている上に、もっともやもやする!となりましたか?

すっきりする助けになればよいのですが、われわれ医師が時々参考にする『サンフォード感染症治療ガイドライン2017』に書いてある慢性副鼻腔炎に対するおすすめの対策は生理食塩水(0.9%の食塩水;200mlの人肌程度のお湯に塩1.8g約小さじ1/3弱)による鼻うがいを毎日するです。

わたしも、私の娘にもやってみましたが効果抜群でした(効果に個人差はあります)。特に私の娘(1歳9ヶ月)が1ヶ月以上鼻水が続いていたので、嫌がられながらもお鼻をぴゅーっとすると、反対の鼻から膿性鼻汁がでろーんとでてきて、翌日から鼻水がでなくなりました。同時に鼻うがいもすごく嫌がれるようになりましたが・・・(参考に鼻うがいの動画https://www.youtube.com/watch?v=Satqf2xe0pA)

このナサリンというものがいい感じでした。ちなみに他の「ハナノア」というのは妻が試してみましたが、いまいちでした。

話しがそれましたが他にステロイドの点鼻薬や抗ヒスタミン剤の点鼻薬も治療の選択肢にあがります。

さて、鼻炎・副鼻腔炎だから耳鼻科じゃなくていいの?と思われるかもしれませんが、実は内科医や小児科医は自分や自分の子どもをなかなか耳鼻科に受診させません。

なぜかというと耳鼻科は外科的な処置をするところと考えているからです。薬をのんだり、つけたりして治すのは内科的治療で、切ったりするのは外科的治療になります。

内科医や小児科医は薬で治療してみて治らない場合や緊急で外科的処置が必要と考えられる場合に耳鼻科に相談しています。

ということで、長引く鼻水や鼻づまりに悩まされている方はまずはガイドラインでも勧められている生理食塩水での鼻うがいを試してみてはいかがでしょうか?

皆様の健康と幸福を心より願っております。

1 / 1712345...10...最後 »
TOP