神戸市北区北鈴蘭台駅前の内科・小児科・外科 こさか家庭医療クリニックです。

文字サイズ標準大アクセスマップ
御予約・お問い合わせは 078-591-8070
院長ブログ

院長ブログ 一覧

包括的、継続的かつ効率的な医療

2015/03/01

今回は上記についてです。

家庭医の特徴として近接性、包括性、継続性、協調性、説明責任といわれていたりします。簡単に説明しますと、

・近接性・・・医療にアクセスしやすいこと。受診しやすさのこと。
・包括性・・・あらゆる疾患に対応、複数の健康問題にも対応、個人の性格・歴史や家族背景、社会背景も尊重すること
・継続性・・・継続的に診察することでより、個人に特化した医療を行える
・協調性・・・患者、患者家族、そのほかの専門医、専門職と協働して診療を行う
・説明責任・・・状態、治療方針などを説明し、理解を得て、患者とともに意思決定を行うこと

といったところです。間違っていたらごめんなさい。

で、今回はこの包括的、継続的かつ効率的な医療の提供ということですが、上記のように記載すると「患者中心の医療」の要点とも重なるところがあります。では早速、事例をあげてみます。(フィクションです)

患者さんは91歳の女性で60代の娘夫婦と暮らしています。高血圧と老年性認知症、骨粗しょう症、関節リウマチの治療中です。日常生活はほぼ一人でこなすことができました。これらの問題を一人の家庭医がみていました。今回、肺炎が生じたため、入院したところ、認知症が悪化し、さらに寝たきりとなって退院してきました。
医学的には寝たきりになってしまったのでは、骨粗しょう症の薬を飲んでおく必要性に乏しいため、中止しました。そして、今度は床づれという問題が生じてきました。床づれ予防のためにエアマットを導入したり、すでにできてしまったところにはワセリンラップ処置を指示したり、頻繁に退位変換しましょうと指示しました。また、介護負担が急激に増加するため、ヘルパーにたくさん来てもらったり、デイ・サービスやショートステイを利用したほうが良いと考えられるので、早急にケアマネージャーにケアプランを新たに作成するようお願いしたりました。
その後もこの方は肺炎など繰り返しましたが、数年後に老衰のためにご自宅で看取ること(本人の希望だった)ができ、ご家族も納得されたようでした。

このようにこの事例は複数の健康問題をかかりつけの家庭医が淡々と対処していった例ですが、淡々と対処できることに家庭医の特性があるともいえます。また、ずっと継続してみてきたからこそ、家族やケアマネジャーとの連携をスムーズに行えたし、穏やかな最後をよく見知った医師とともに迎えることができたと考えらます。

以上、包括性と継続性についてなんとなくご理解いただけたでしょうか。

若手医師冬期セミナーにて講師してきました

2015/02/22

2月21日、東京大学におきまして、日本プライマリ・ケア連合学会 若手医師冬期セミナーにワークショップ(以下、WS)(ワークショップとは http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97 )講師として参加してきました。

私たちのWSのテーマは「Beyond the Guidelines」。我々、プライマリ・ケア医がよく出会う病気のガイドラインをしっかり踏まえ、ガイドラインを越えていけるようになりましょうという目的で行われました。

今回、ワークショップという名ではありますが、内容と時間の都合上、ワークはなく、レクチャーという形式になりました。総勢80名の学生、初期研修医、後期研修医の参加をいただきました。
お話したガイドラインは1.高血圧 2.脂質異常症(高脂血症) 3.2型糖尿病 4.骨粗しょう症 5.前立腺肥大症でした。私の担当は2の脂質異常症について15分ほど話しました。

皆さんよく勉強していらっしゃったようで、ガイドラインの内容を日本、ヨーロッパ、アメリカの3国比較で話しましたが、事後アンケートを見るともの足りなかったようです。
確かに、私もひさしぶりのレクチャーで要領を忘れていて、聞き入らせるテクニックをいくつも忘れていましたし、受講者のニーズを想像することにかけていたかもしれません。反省です。

しかし、今回、講師をさせていただいたことで、自分自身もよく学びになりましたし、他の先生方の話を聴いて、さらに勉強になり、とてもよかったです。
今回、このWSのお誘いくださった福島大学の菅家先生始め、そのほか一緒に講師をした大浦先生、瀬野尾先生、土田先生、山入端先生、そして冬期セミナースタッフの皆様に感謝申し上げたいと思います。
次の機会があればまた、誘っていただきたいです。そして、次は改善され、もっと熱くて学びになるものを提供できると思います。

西加奈子「サラバ!」読みました

2015/02/11

DSC_0501-1

今年の直木賞受賞作品ということで、早速、読んでみました。

一言でいうと「すごい」です。何がどうすごいかを伝えるのはできないのですが、なんというか、最初はさざ波のようで、だんだん大きくなり、最後にはすごい波になる感じでした。

お話の内容は作者の自伝的内容となっているようです。
主人公は歩(あゆむ)。1977年、父の転勤先のイランで生まれるところから話が始まります。問題行動を繰り返す姉、静かですごく優しい父、美しい母との家族関係。母と姉の関係。母の愛情を得るために受け身と諦めの姿勢を取り続けるようになる主人公。特に、カイロに住んでいたときに親友ヤコブとのエピソードが後々にも影響を及ぼし、このときはじめて「サラバ!」がでてくる。しかし、両親の離婚により、帰国し、ヤコブと別れ、いつの間にかその言葉も忘れてしまう。そして、成長していく過程で出会い、別れを繰り返し、揺り動き、37歳の今までを振り返る。

さまざまな出会いの中でキーマンとなってくるのが、両親と姉、夏枝おばさん、矢田のおばちゃん、須玖、鴻上、ヤコブである。

特に私が気に入ったのは「矢田のおばちゃん」で、背中に弁天の入れ墨があり、矢田アパートの大家でありながら、地域のゴッドファーザー的な役割を担っている。多くの人が、おばちゃんの家を訪れ、悩み事を話、おばちゃんはうんうんと聴いて、人々は帰っていく。そんなおばちゃんは物語の最後までいい影響を及ぼし続ける。

そして、作者が最も言いたいのはずばり「自分が信じるものを誰かに決めさせてはいけない」だろう。最終的には自己啓発的な感じになるが、主人公の周りにも、時々、自分の信じることを貫く人たちが現れるようになっていた。そのへんもうまく効いていると思える。

西加奈子作品は「円卓」しか読んだことがなかったが、円卓同様、最後はさわやかに読み終えることができました。円卓はつぼみから花がぽっと咲くような感じでしたが、こちらは大波がざざーっと来たような印象をうけました。

上下2巻ですが、どんな人でも読んでみる価値はありです。

 

TOP